高等部生徒 横手市内の高校生と横手市の未来について意見交換

2018年10月09日

高等部生3名が山内南共助連合会主催の「高校生が持続可能な社会を考えるワークショップ」に参加しました。
ワークショップには、増田高校農業学科、横手高校定時制の生徒も参加しました。

はじめに、横手市の高齢者数や消費動向について、他校生とともに説明を聞きました。
その後、各校に分かれて、自分たちができることについて、考え発表し合いました。

他校生と意見交換し、刺激を受けたことで、高等部生からは「これから社会に出る私たちが頑張らなくてはいけない」という感想が聞かれました。

※今回の催しはトヨタ財団助成プログラム「サンソンプロジェクト」によるものです。

写真上 担当者に意見を話す高等部生徒
写真下 他校生に意見を発表する高等部生徒


CLOSE